メモ

読んだ本など

全部大学の図書館で借りた。 藤森照信建築 久々に興奮した一冊。高過庵のjpgを目にして度肝を抜かれた瞬間を思い出した。冒頭エッセイの「モダン建築は構造を隠さない」という記述にハッとした。僕がモダン建築が苦手な理由は、たぶんそこなんだと思う。たし…

総務省作成・災害関連情報リンク集

今回の震災に関する行政機関および地方公共団体等の災害情報リンク集だそうです。 みなさま、どうかお役立てください。 http://www.e-gov.go.jp/link/disaster.html

丸山健二「イヌワシに挑んで」より

NUSの中国語図書館には日本語の本がガッツりある。そこで借りた随筆集の一節から。 イヌワシを見るまでもなく、カラスが飛んでいるところを見たって、あんな調子に大気中を滑って行くことができたら、さぞかしいい気分ではないかと誰でも考える。考えに考え…

M1 Prepaid BroadbandのSIMをiPhone 4(SIMロックなし)で使う。

試しにやってみたところ使えた。 1. iPhone構成ユーティリティで、M1・prepaidbbの設定を作っておく。 http://www.apple.com/jp/support/iphone/enterprise/ http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/020/20010/ が参考になる。 2. M1 Prepaid BroadbandのSIMを…

博士課程と博士論文のメモ

なんとか博士論文の提出まで終わった。あとは教授会の一存で決まる。僕にできることといえば、やきもきしながら28日の研究科委員会を待つのみ。とりあえず次の進路の準備を進めている。いやしかし、博士論文提出までのプロセスは、けっこう難解だ。大学院生…

ケータイのプラン

auのフルサポートコースが25ヶ月目に突入したので,auショップでプランの相談してきた. 以下,自分用のメモ. ・フルサポートコースは25ヶ月目以降,契約解除料が一切かからない →「誰でも割」が適用されるけど,2年契約にはならない.・「誰でも割」無しの…

iPhone.app2

iPhoneで面白いなって思ってるのは,人とのコミニュケーションではなく,世界との新しいコミュニケーションが図れる端末だと言うこと.例えばiPhoneには背面にカメラがついていて,その映像をタッチディスプレイに表示することができる.もちろんコンパクト…

iPhone.app

僕,iPhone持ってないんですよ.というのも,ケータイほとんど使わないんです.必要な電子コミュニケーションはMacで済ませられるから,最低限の通話とメールしかケータイではしないんです.なので月々の平均的な通話料が,3,000円くらいしかかからない.安…

コンピュータは何ができないか1

前半だけ読んだ.論理演算装置と人間との間にあるミゾの深さ.物理世界の系に,人知を含めたとたん,科学的に論述できないジレンマ.革新的なコンピューティングのコンセプトは,数年で限界に達して,行き詰まる傾向.それでもコンピュータ屋さんは楽観的に…

コンピュータは何ができないか2

読み終えた.後半に連れて「現象学最高!」という色合いが濃くなり,僕はまだそこへの決心ができていないので,ちょっとまだ得心できていない.もちろん現在の設計のコンピュータは人間にはなり得ない,ということは承知した.現象学を抜きにしても,コンピ…

エモーショナルデザイン

出版直後に読んで,内容を忘れかけたので,読み返した.良いものは,人間の本能(的なもの)・行動(的なところ)・内省を満たしてくれる.良いものを生み出すには,プロトタイピングとユーザテストを迅速に螺旋的に繰り返せ,というのが本書の要点だと思う.と…

「印象の工学」とはなにか

本書は,感性工学の行き詰まりを解消するために「印象」に焦点をあてておこなわれた取り組みについてのものだ(感性工学は80年代末,印象の工学は90年代中頃の出).取り組みの狙いは,良いもの・良いサービスからうける印象を分析し,それを逆推論することで…

遊びを誤解しないために自戒の念.

1:カイヨワが提唱した「アゴーン・アレア・ミミクリ・イリンクス」は分類と見なされることもあるが,決して百科事典的な分類ではない.遊びによって得られる精神性を整理したものと捉えたほうがいい.境界は曖昧なところが多く,往々にして複数の要素を併…

雨刀大戦その1

1PC+2AMAGATANA with Speakerで動く雨刀はできた.傘は二本とも遅延無く操作できるし,従来のスタイルの展示なら,これで十分遊べると思う.ただ問題は,それぞれが同じ音を出しているので,どっちがどっちの音か判別尽きにくいところ.ファミコンのように絵…

読んだ本など

講談社現代新書 これが現象学だ これまで読んだフッサール現象学の解説書のうち,いちばん読みやすかった.文章が平易で,説明が巧く,変な比喩が少ない.

読んだ本など

ちくま新書 メルロ・ポンティ入門 ファンタジーの冒険 講談社学術文庫 茶の本 岡倉天心の茶は厳密に過ぎる気も. 岩波文庫 「いき」の構造 「いき」もまた僕が目指したい価値観とは違うな.エロすぎる.