読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パッチ・アダムス

泣けてしかたがなかった。そして僕は腹を据えた。もちろん世の中には笑いが嫌いな人もいる。そんな笑えなくなってしまった人たちのパワーによって、凹んだり、悩んだり、夢や情熱を失いかけていた自分が、とにかく恥ずかしくなった。死にたくなった。でも辞めた。留まることにした。僕はやる。笑いや楽しみから生の喜びに肉薄するんだ。

広告を非表示にする