読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6日目

いま通っているジムのマシンはKeiser(http://www.keiser.com/)製。記憶が正しければ、SFCの体育館にあったのと同じ系統だと思う。Keiserの特徴はウェイト(おもり)ではなく、空気圧で筋肉に負荷をかけるところ。なので、慣性の力を消すために、あえてゆっくり運動する必要が無い(はず)。むしろ速さが重要ぽい。

マシンでトレーニングをしたあと、久々に水泳。そして予想通り全身倦怠。家に帰る道すがら、ちょっと電気屋に寄ったところ、こんなマッサージチェアを見つけた。僕はマッサージチェアの類を心底なめてきた。あんなん合皮ごしにプラスチックの車輪が上下してるだけやん、とタカをくくってきた。だが、こいつは違った。座るやいなやフルフラットにリクライニング。上腕・下腕・下腿は完全にホールドされ、その状態でツボを付いてくる。まるでディズニーランドのスターツアーズが、マッサージに特化したような感じ。電気屋におかれた機械椅子に玩ばれている。そういったリアリティは開始15秒で完全に消える。亜空間をさまよい歩く。そんな倒錯すら感じる。やばい。マジやばい。3D VIERAの100万倍不思議。是非体験すべし。

なお、あんま気持ちのいいものではありませんでした。

広告を非表示にする