バカエロPV

友人にBenny BenassiのSatisfactionを教えてもらってツボにはまった。なのでバカでエロいPVを集めることにした。

サックスをくわえた唇や、トランペットさする指先がエロい。吹奏楽部から怒られそうな感じが、実にバカで◎

下着姿で新体操ってエロい。エロいだけじゃなくて、役者がよく動いてる。たぶん本物のアスリート。その気合の入り方がバカで◎

ハイレグのレオタードがやばい。80年代リバイバルといえばエアロビでしょ的な安直さが◎ 男のスケベそうな顔がバカ要素を際立てている。

保守本流バカエロ。超能力学園Z的なお色気が◎

これはロシアかな?それだけでもう、バカにエロい。

この文脈で日本製のPVを並べるとしたら、石野卓球 feat. 七尾旅人のラストシーンしかない。


<まとめ>バカエロPVはどれも糞真面目な映像作品である。単に綺麗なお姉さんにセクシーな衣装を着せて、くねくね踊らせてるだけじゃない。ちゃんとストーリーがあって、しかるべき役者を揃えて、セットを用意して、照明をガンガンたいた上で撮影している。そうした規模のプロダクションだから、もちろんけっこうな予算がかかると思う。その費用をつくるために、エクセルで予算を計上したり、エロバカPVの意味や価値をプレゼンしたり、そういった真面目な映像作品が通るべき道を、エロバカPVもまた通過しているはずだ。その道のりが、いかに困難なことか。そして生まれるエロバカPV。いやはや本当にかっこいい。僕も見習いたい。

広告を非表示にする