入れ込めないことに、大金を払うこと

僕は、自動車を運転していて面白いと思ったことがない。もちろん自動車には感謝している。家から目的地まで歩かずに済むし、買い物するにも便利だし、家族や友人と旅行にもいける。でも、運転そのものが楽しいかっていうと、ちっとも楽しくない。極端にいうと、交通ルールに沿って淡々と作業してる感じしかしない。しかもウィンカーを出さずに車線変更するアホや、ふらふら運転の年寄りに、イライラさせられたりする。旅にでても駐車場を探すのに苦労するし、宿に着くまで酒も飲めない。ほんと、はやく自動運転が実用化されて欲しい。そして僕が使ってない間は無人タクシーとかやって、僕の代わりに生活費を稼いで欲しい。

運転そのものの楽しさを追求すると、どうしても公道のルールからはみ出さざるを得ない。スピードを出すと眩暈がして楽しいし、峠道はスポーツみたいで楽しいけど、ひとたび事故れば多くの人が不幸になるから、どうしても心が安まらない。だったらサーキットにでも行きゃいいんだろうけど、そこまで入れ込む金も暇もない。だから、僕は運転そのものから楽しみが得られない。

世の中、僕みたいな人ばかりじゃないと思う。でも誰だって、自分が入れ込めないことに大金を払うのは、面白いはずがない。せこい話だと、職場の懇親会に行くの嫌だけど、行かなくても飲み代は払う決まりだから、しぶしぶ参加する、みたいな。そういう不愉快なお金の使い方が減らせたら、もう少し愉快に暮らせるのかもしれない。