LSPX-S1

昨年末に変わったスピーカーをもらった。ランタンを模した、バッテリー内蔵のBluetoothスピーカーだ。そろそろ使って2ヶ月になるから、気になったこと、気づいたことを書いておこうと思う。

長所

  • 上質。よくあるBluetoothスピーカーは、音楽を聴かせるために作られていると思う。LSPX-S1は、そうじゃない。いいお香を焚いた時のように、部屋に音楽が広がり溶け込んでいく。いつもの生活空間が、ちょっと上質な感じになる。
  • 省スペース。狭いベッドサイドテーブルの上においても邪魔にならない。
  • LEDがついてるので、常夜灯の代わりになる。
  • 持ち運びやすい。普段はベッド脇で充電しながら使い、ときどき居間に運んでバッテリーで使ってる。
  • 室内で使ってる限り、音量は十分。

短所

  • ステレオじゃないので、音楽と対峙するような聞き方には向かない。
  • LEDは光量の調節ができるけど、消灯と最低輝度の間が滑らかではない。もう少し、仄暗いくらいの光量にしたい。
  • 上面のパッシブラジエター(?)に埃がたまる。素材がゴムっぽいので、経年劣化が怖い。

雑感

僕は音楽が好きだ。仕事中はSpotify+ノイズキャンセリングヘッドフォンで、ずっと音楽を聞いている。

家に帰ると、学生時代は5.1chの爆音を鳴らして音楽を聞いた。シンガポールに移住してからも、すぐに部屋用のブームボックスを買った。それが結婚したら、一人で音楽を聞く時間も場所も家から無くなった。

二人で住んでいると、音楽がなくて寂しいということがない。だけどそこに音楽があると、生活に彩りが加わるというか、暮らしが賑やかになるというか。LSPX-S1は、その変化を作ってくれた。

No music それまた Life

さりとて聞きたい Music

広告を非表示にする