読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生ゲーム

子供の頃は、凄い人や、偉い人と同じ視点に立てたらいいな、と思う事が多かった。努めてそうしていた気もする。まるで山を登るような気分だった。山頂を目指すこと、多くの山に登ることが素晴らしいと思っていた。山にいるだけで、なんか楽しかった。そして同じ山を登らない人が、いまいち理解できなかった。
 
大人になるにつれ、人間関係が広がってくると、同じ山を登らない人とも一緒に何かすることが増えてきた。趣味に合わない映画を見ると疲れるように、感性や価値観の違う人と一緒にいると、それだけで疲弊するものだ。まず上手くいかない。ただ失敗をいくつか重ねると、疲れにも慣れるし、付き合いの塩梅もわかってくる。
 
人と自分との違いが見えてくると、同じ山を登っていると思ってきた人たちとの間にも、厳然とした違いがあることに気づくようになった。つまるところ、自分と同じ山を登ってる人は、自分だけなのだ。この発見は、孤独や孤高というほどロマンチックじゃなかった。(うすうす気づいてたけど)まぁそうだよな、という納得に近かった。人と人との三角測量によって自分がわかるようになった、とも言える。むしろ人と違いがあるからこそ、より人を感じることができる嬉しさもあった。
 
人生はときどき、当て所もない航海に喩えられる。今の自分としては、山より海のほうが、生きている世界の実感がある。浅い深いはあるけれど、高い低いはない。そこが山よりも人生らしいと思う点だ。とはいえ人生の一時期において、山こそ全てだと思った時期は確かにあった。
 
だから思う。人生には、山ステージもあれば、海ステージもあるのだ。砂漠面もあれば、闇世界だってあるのかもしれない。それはまるでゲームのように。
広告を非表示にする