修士のころ

研究所で勤務していると、普段はあまり学生との接点がない。学会や展示などにでかけて、ようやく彼らと話す機会がある。自分はもう36歳なので、修士の学生とも干支で一回り以上も違う。自分の研究や作品を堂々と発表する彼らを見ると、エネルギッシュだなぁ、クレバーだなぁ、と素朴に感動してしまう。

一方で、こうしたイベントに現れる学生は、氷山の一角に過ぎないということも知っている。多くの学生たちは、大学院で悶々としながら、うだつの上がらない日々を送っているのだろう。そうした想像がつくのは、自分がそういう学生だったからだ。

サボってるわけではない。むしろ頑張っている。でもパッとしない。一方で、同級生が偉い人に認められたり、金回りが良くなったりして、賑やかに暮らしている。彼らがうまくいってる理由が、全く理解できない。いや、納得できない。そこに妬みこそ感じないが、僻みは心に溢れてくる。

そんな時、僕はよくThe Smithsの曲を聴いていた。きっかけは、社会人を経て大学院にやってきた年上の友人が、スミスの熱心なファンだったから。最初は歌謡曲みたいで苦手だったけど、歌詞を読むようになってハマった。たとえばこんな感じだ。

【意訳】就職活動をして、仕事を見つけた。でも、それってすごく情けないよね。自分のことなんか気にも止めない連中のために、貴重な人生を使うんだから。

スミスの歌詞は、自分のひねくれた気持ちを、具体的な言葉で代弁してくれた。面白いもので漠然としたモヤモヤは、適切な言葉が与えられると、わりと捉えどころのあるモヤモヤになる。すると、少しだけ心に余裕が出てきた。その余裕で何をしたかというと、興味を惹く本を図書館で見つけるたびに、気になる箇所をノートに書写していた。

えてして優秀な人は、最初から優秀だったわけではなく、それなりの資本をかけて優秀になっている。富豪の子供は、親の財布で本が買える。インテリの子供は、買わなくても本がある。早熟の秀才は、奨学金が使える。そうじゃない人は、どうしよう?

ちょうどタイとカンボジアをバックパック旅行した後だった。世界で一番有名なバックパッカーと言えば、三蔵法師だ。彼はインドまで旅をして、ブッダの教えをメモして持ち帰り、現代まで語り継がれるヒーローになった。だったら、その三蔵法師に、自分は倣おうと思った。幸い、インドまで行かなくても図書館には歩いていけるし、誰に見せるわけじゃないから、走り書きで良い。そんなわけで学期中は大学の図書館で、長期休暇は実家の近くの県立図書館で本を借りては、知らなかったことをメモしていった。

これは修士2年の頃、夏期講習のバイトの休憩時間に読んでいた空間学事典のメモだ。建築系の本なので、自分の研究とは直接関係ない内容だ。

f:id:exyk:20171004175503p:plain

母校が総合大学だったのは幸いだった。他の学部からも本が取り寄せられたので、自分の学部の偏った知識を補うことができた。良い本を教えてくれる先生や先輩に恵まれたのも有り難かった。彼らが研究室や作業場に置いた本を、夜のうちにこっそり読ませてもらったりもした。

今にして思えば遠回りなやり方だったかもしれない。修士課程の2年は、あまりに短い。はやる気持ちを感じない日はなかった。だけれども、自分の考えた方法で、知らないを知っているに変えていく作業をしている間は、そうした焦りを感じなかった。

こうやって読書と書写を繰り返していると、ある程度のところで本に書いてある知識に飽き、どこか物足りなさを感じるようになった。もっと先が知りたいし、誰もやってないものを作りたいと、強く欲するようになった。これが、自分の中に初めて湧いた、本当の創意だったと思う。自分はエンタメ屋だ。人に喜ばしいものを作ろう、という思いは当然としてある。その上で「誰になんと言われようと、自分が欲しいと思うから、必要だと感じるから作るんだ」という意固地さが生まれた瞬間だ。ただ、そこに辿り着いた時には、修士課程も終盤に差し掛かっていた。

【意訳】歌おうよ、自分のことを。誰だってやってるよ。マイクに向かって、名前を言って、好きなこと嫌いなことを歌うんだ。

結局、自分は修士を終えるまで、一度たりとも学会で発表することがなかった。優秀な後輩がいなかったら、プロジェクトも収束できなかった。スミスのせいで就職への意欲も湧かなかった。僕の修士課程は不完全燃焼で終わった。それでも、ひとつの信念が芽生えたのはよかった。そのおかげで、今でも仕事として、創作が続けられているのだから。