2017年に買ってよかったもの

田中さんに影響されて、僕も昨年買って良かったものをリストすることにした。

pho.hatenablog.com

 

吉永サダムのスープカップ

1bankan.com

3月に九州を旅行して、唐津焼や有田焼、伊万里焼に波佐見焼をいくつか買った。そのうち、もっとも使用頻度が高いのは紙皿風の波佐見焼だが、愛着を持って使っているのは吉永サダムのスープカップ。素朴な風合いと、たっぷりした姿が好きだ。蕎麦猪口なので仕様頻度は少ないものの、中里太亀の陶器もテクスチャーが好みで愛用している。

 

南部鉄器の鍋敷き

shop.oigen.jp

常夏のシンガポールに暮らしているのに、我が家はかなりの頻度で鍋をする。二人暮らしなので、台所で一気に煮た後、そのまま食卓に鍋を置くことも多い。なので8月に東北を旅行した際に、南部鉄器の鍋敷きを買った。以来、使ってない時も、ずっと食卓に鎮座している。それがアクセントになって、なんかいい。

 

フンドーキンの味噌

2016年の春に湯布院温泉へ行き、そこで食べた「だんご汁」がとても美味しかったので、以来我が家は大分の味噌のファンになった。フンドーキンは大分の調味料メーカーで、全国的には柚子胡椒で有名だと思う。そこの味噌を、先述の九州旅行の折に買ってみた。これが最高に美味かった。いくつか種類を試して見たけど、どれを選んでも間違いなかった。都内ならスーパーにも売っていると思う。

現在、我が家は赤味噌は愛知の八丁味噌、合わせは大分のフンドーキン、あとは旅の気まぐれや、安さにつられて買った味噌をストックしている。

 

立体型アイマス

昔はいくらでも飛行機で寝れたのに、最近はうまく眠れない。原因はいくつか考えられて、ひとつは搭乗前の飲酒。寝つきをよくするために敢えて飲んでいたのだが、かえって睡眠が深く短くなってしまい、ゆっくり寝て過ごすことができない。もうひとつは機内の照明と座席スクリーンの光だ。

そこで事前の飲酒をやめ、航空会社が配布するアイマスクを大人しく使うようにしたところ、だいぶ良く眠れるようになった。しかし自分の頭は大きく、顔の彫りも浅いため、普通のアイマスクでは眼球が圧迫されてしまう。そのため起床後は半日くらい違和感が残って不愉快だった。

そんなわけで、上記アイマスクを買った。これの長所は、目と鼻の周りが膨らんでおり、さらにベルトの長さが調節できるため、圧迫しないで密着できるところだ。このアイマスクを装着したうえで、飛行機で寝るときは使い捨てのマスクで口と鼻を、パーカーのフードで耳をガードしている。すると熟睡できうえ、風邪ももらわない。はたからみれば怪しすぎる風貌で、着陸後は寝癖に困らされるが、機内での睡眠に不安を持っている人にはオススメしたいコンビネーションだ。

 

ミニスーファミ 

www.nintendo.co.jp

2016年にファミコン版を買い逃したので、スーファミ版は必死になって買った。ファミコンのゲームは難易度や操作感が洗練されてなくて、今から遊ぶと流石に辛いところがある。だけどスーファミは今でも十分楽しめる。25年前のゲームだというのに、これは異常だ。「がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス」や「バトルドッヂボール」、あとは「ロマサガ2」なんかが入っていたら、個人的には完璧だった。メガドライブミニも出て欲しい。

 

三ヶ島の自転車ペダル

2016年の初秋に自転車を買い、しばらく快適に使ってきたのだが、 1年を過ぎたあたりでペダリング中に異音がするようになった。何度か自転車屋に通って、最終的にはカップ&コーンのグリスアップで治ったのだけど、問題発見の過程で三ヶ島製のペダルに変えた。決して高くないのに、吊るしの自転車についてきたペダルに比べて、格段に軽く回って感動した。自転車は回転する部品の摩擦を減らしてくことが大事なんだなと教えてくれた一品。

 

イボ取りジェル

いつ頃からか顔にイボができるようになった。自分は容貌に無頓着だから、はっきりとした時期を覚えていない。それが最近になって、髭を剃ったり、メガネをかけたりするときに邪魔だなぁと思い始め、自力でとることにした。最初は絆創膏や液体のイボコロリを使ってみたのだけど、場所が場所だから定着が悪い。そこで見つけたのが、ジェル状のイボ取りだ。これを塗布すると、毎日わずかにイボの皮がめくれていく。数ヶ月使って、小鼻のイボはかなり小さくなったし、鼻筋のイボも半分くらいになった。これで正しい位置でメガネがかけられる。

注意すべきは、この薬剤は揮発しやすいので、冷蔵庫にしまう必要がある点だ。そしてなにより、顔への使用が禁止されている点は強調しておきたい。