海外で働くということ

f:id:exyk:20170505135956j:plain
シンガポールから帰ってきて暫くの間は「やっぱり日本の方がいいでしょ」と言われることが多かった。確かに日本は良いところで、物価も安いし、物流も発達しているし、自然も伝統文化もある。物作りに対する社会の理解もある。だけどシンガポールだって負けてない。気候が温和で、食文化に多様性がある。自家用車がいらないくらい公共交通機関が発達しているし、政府も金融機関もネットでサービスしてくれる。外国人向けの住居には、プールもスポーツジムもある。休暇もとりやすい。労働者として生活するなら、日本より過ごしやすいと思う。

じゃあ日本の良さってなんだろう。究極のところ、国民でいられることだと思う。自分はシンガポールに、労働ビザ(EP)で滞在していた。EPは兼業を許さないから、例えば個人で作った玩具をMaker Faireで販売するような些細なことでも、堂々とやれば滞在資格を失う可能性があった。大学での研究を実用化しようとしても、資産をもたない外国人研究者がシンガポールでスタートアップを起こすのは、資金面で現実的ではなかった。公的な研究費も大学の教職でないと出願できなかったり、芸術の助成金も外国人には開かれていなかったり。作家として、研究者として、さらなる飛躍を目指そうとすれば、必ず足を引っ張られたり、ガラスの天井にぶち当たったりした。妻も配偶者ビザ(DP)で滞在していたので、仕事面で制約を受けることになった。一方、日本ならそうした不自由がない。なぜなら自分は日本国民だからだ。家族のためのビザも必要ない。たとえ無職だとしても国を追われたりしない。さらには参政権まである。

別にシンガポールが厳格なわけでも、日本が寛大なわけでもない。どちらの国も、国民には相応の権利がある、というだけの話だ。国民は国を道具にできるけど、外国人は国の道具として扱われてしまう。よって海外で働くということは、外国人としての不自由を甘受しつつ、母国では得られないもの、得られなかったものを獲得していくことに他ならない。これに気づくことが「海外経験」である。