クロスバイクとパニアバッグを買って自転車通勤を始めた

f:id:exyk:20210324124558j:plain

春から毎日、自転車で通勤している。片道5km、往復10km。東京駅から東大(本郷)、もしくは東京駅から慶應(三田)と言えばイメージできるだろうか?

歩きたいほど近くはないが、歩けないほど遠くもないという距離を、なるべく楽しく走りたいから、クロスバイクを買った。選んだのはGIOSのミストラル。今回も価格.comの自転車道場道場長のレビューを参考にした。車体はカンザキという大阪の自転車屋から通販で、これに幅23mmのタイヤと、軽いチューブトピークの荷台サイクルあさひのスタンドなどを取り付けた。サイクルあさひのスタンドは、ヨドバシの通販でも買える。

a.r10.to

ミストラルは爽快な自転車だ。自分がパワーアップしたかのような気持ちにさせてくれる。疲れないし、危うさを感じさせないので、安心して通勤できる。クロスバイクなので、軽いギアがあるのもいい。職場は1kmの坂の先にあるけど、足を付かずに登り切れる。ロードバイクだったら厳しかったと思う。カルソニックスカイラインのような見た目も、一周していいと思う。

自転車通勤用のカバンにはパニアバッグを使っている。パニアバッグというのは、荷台の横に吊り下げるカバンのことだ。リュックやメッセンジャーは重くて疲れるし、汗で蒸れるし、重心が高くなるから事故りやすい。でもパニアバッグなら、そうした問題から無縁でいられる。自分はオルトリーブのバイクショッパーというパニアバッグを買った。ショッパーとはトートバッグの意味。書類やノートパソコン、水筒や弁当、時には工具や酒瓶なんかも運ぶけど、作りが丈夫なので、安心して運ぶことができる。a.r10.to

極め付けは、荷台から1秒で着脱できるところ。まったくストレスがない。それでいてバッグが走行風に煽られたりしない。一流品ってこういうものを言うんだろうな。素晴らしすぎる。

youtu.be

オルトリーブのバイクショッパーは、内側に一応のポケットがあるけど、財布やメモ帳やノートPCなんかを突っ込んでると、すぐグチャグチャになってしまう。なので、バッグインバッグを追加した。サイズは、下記の商品のLサイズがピッタリだった。

自転車通勤を始めた理由については、翌週書いた。

exyk.hatenadiary.com