40

5/2で不惑になった。30代をポジティブにまとめれば、変化と挑戦の10年だった。ネガティブに言ってしまえば、迷走と翻弄の10年であった。いずれにせよ「30」という日記を書いてから、10年の時が経過した。

exyk.hatenadiary.com

この日記の最後に「30代のうちは多くを語らず、そのぶん手を動かしていよう」と書いた。当時の自分は憤っていた。自ら作らない作者、学生を小作人化する教員。輸入学問で大家ぶる研究者。テニュアをとるや、いい加減なことを教えたり。料理下手の料理研究家だったり。徒党を組んだり。虎の威を借りたり。SNSで辻説法をしたり。若者を馬鹿にしたり。モラハラをしたり、モラルハザードを良しとしたり。そういう人間になるのが嫌だった。その決意が、この一文を書かせた。

www.youtube.com

30代は、失敗と挫折の続く10年でもあった。機会と期待には応えられず、時運も掴めず、無名であり続けた。唯一完成できたのは、手を動かして作ることだった。手を尽くして作りたいものが、10年間尽きなかった。だからきっと、命が尽きるまで、作ることに惑いはないだろう。それ以外のことに関しては、惑う余裕すらないのだろうが。