バス

今日は終日、大気が東南アジア的な湿気に満ちていた。朝七時に眼を覚まし、シャワーを浴びて家を出る。今日は勤務後に日吉へ行く予定だったので、自転車ではなくバスで東へ向かう。が、バスの系統を間違えたらしく、目的地から北へ1kmで終点を迎えてしまった。やむなく小雨の中を歩く。デニーズで朝食をとりつつ、読書をする。そして勤務。

勤務後、さらに東へ向かうバスに乗る。今度は無事に目的地に到着。電車に乗って日吉へ向かう。カラマーゾフの兄弟、いよいよ2巻が読み終わる。三巻目に差し掛かったところで到着。作業場で造型作業を開始し、造型機の無事な動作を確認して、日吉を後にする。

真っ直ぐ家に帰るのもなんだったので、伊勢佐木長者町へ。二郎関内店で食すことにする。噂どおりの大行列。腹を据えて読書をしながら並んで待つ。長者町は風俗街に囲まれているだけあって、ウシジマくん的「にぎにぎ」しい雰囲気。さらに今日の蒸し暑さと、街の外国人の多さが手伝って、タイの歓楽街にでも来ている気分になる。小一時間ほどして、ようやく食にありつける。美味い。確かに美味い。大盛りを美味しく完食できた二郎は初めてだ。

帰りの電車で更に読書を進めて、いまはカラマーゾフ3巻目の後半あたり。充実した読書は、まだまだ続く。

広告を非表示にする