年に1度の楽しみ

TBSラジオの日曜天国で安住アナがおすすめしていたヒゲタの玄蕃蔵、1年越しでようやく手に入った。キッコーマンの赤醤油の10倍くらいの値段だが、びっくりするくらい美味しい。何につかってもハッとさせてくれるのだが、マグロの漬け丼に使ったら、ひっくりかえるほど美味しかった。

recipe.rakuten.co.jp

次回の注文は来年の5月ごろ。1年に1度のお楽しみなのだ。ボジョレヌーボをありがたがる人たちも、こういう気持ちで季節を楽しんでいるんだろうなぁ。

祭りの準備

www.asahi.com


文化庁メディア芸術祭が唐突に終了した。自分にとって文化庁メディア芸術祭は夢の舞台だった。ゲーム監督の小島秀夫や映像作家の田中秀幸らに対する憧れが、作品を応募する強烈な動機だった。大学の先輩の後ろ姿が、夢は叶うと信じさせてくれた。

archive.j-mediaarts.jp

archive.j-mediaarts.jp

それが、まさか、こんな終わりかたをするとは思わなかった。芸術祭に関わりのあった多くの人にとっても、この知らせは晴天の霹靂だったようだ。

文化庁がやらないのだとしても、メディア芸術祭はあったほうがいい。あたらしいもの、おもしろいものを持ち寄って、感覚を揺さぶったり、思考をめぐらしたり、そういう祭りはいくらでもあったほうがいい。収穫祭がごとく、その年の恵みを祝って、なるべく多くの人と喜びたい。

そのために、今の自分が何ができるかというと、なにもないのが情けない。まかせろ!と言えるような力を、なにひとつ持たない甲斐性なしだ。

それでも、なにかやらなきゃいけないと、胸が急く。山月記の虎になってしまいそうな、埼玉の山の中で、自分はどうしたらいいのだろうと自問した挙句、そこで、せめて、まずは、なにより、声を出すほかない。で、こんなtwitterアカウントをいきおい作った。

twitter.com

誰がとか、どうやってとか、そういうことはさておいて、これからもメ芸やろうぜ!

ゴールドラッシュがうますぎる

macaro-ni.jp

子供の頃から大嫌いだったトウモロコシの美味さに開眼した。近所の農園で採れたゴールドラッシュを食べたとき、稲妻が落ちたような感動があった。皮が薄く、ジューシーで、果物のように甘い。採取当日のものは、とりわけ美味い。

ゴールドラッシュのおかげで、朝採れ野菜の美味さにも気づけた。埼玉はJAの直売所がほうぼうにあるので、新鮮な野菜が手頃に買える。先日は朝採れの枝豆を塩茹でにしてもらったが、食べ始めたら手が止まらなかった。