寝起き

冬の訪れを感じさせる頃、ある晩、うっかり靴下を履いて寝てしまった。そしたら翌朝の寝起きが異様なまでに良かった。これはと思って続けたら、今日に到るまでピシッと目が覚めている。その理由はよくわからないが、たぶん足冷えが抑えられたからだろう。僕のようなウドの大木は、寝てるうちに知らず知らず布団から足がはみ出すのだろうし。

いやしかし、こんなことで一喜一憂するなんて、僕も老けたものだなぁ。

広告を非表示にする