スリランカ旅行の方法

1

9月末でシンガポール国立大学を去った。いい機会なので、日本へと帰る前にスリランカを旅行することにした。きっかけは、前職にスリランカ人の同僚が多くいたからだ。彼らがみなナイスだったので、スリランカへの興味が8年をかけて醸成された。そして、ついにチャンスがやって来た。スリランカは、控えめに言って、最高だった。

みんなも是非スリランカに行って欲しいから、今日は旅の方法を、まとめておこうと思う。特にガイドブックに書いてなくて、???と思ったことを中心に。

都市間移動

スリランカは素敵な国だが、鉄道網が全土に広がってない。特にシーギリヤなど古代遺跡を尋ねるには、車を使って行くしかない。そこで移動手段として考えられるのは、およそ次の3つだと思う。

  1. グループツアーに参加して、ワゴン車で移動する
  2. バックパッカーとして、鉄道・路線バス他で移動する
  3. 空港で旅行日数分のハイヤーを手配し、専属のドライバーと共に旅行する

1は、旅程が過密になったり、好きなものが食べられなかったりするので、パス。2は、格安に移動できるが、大きめのスーツケースをもってるから無理。3は、相性の悪いドライバーに出会うと、旅全体が嫌な気持ちになってしまいそうで、不安。そんなわけで今回は、都市を移動するたびに、長距離タクシーを手配することにした。

  • 1日目:パンダラナイケ空港→キャンディ
    空港の制限ゾーンを出てすぐにあったタクシー会社で相見積もりを取り、Casonsにした。新型のプリウスで3時間・6500ルピー。
  • 3日目:キャンディ→ノリタケ工場経由→ダンブッラ(4時間半・7,000ルピー)
  • 4日目:ダンブッラ→シーギリヤ&ポルンナルワ→カンダラマ(6時間半・8,000ルピー)
  • 5日目:カンダラマ→コロンボ市内(4時間半・12,500ルピー)
    以上3日間の移動はTaxi Sri Lankaを使い、各前日に配車予約した。スリランカには、Taxi Sri Lankaは、スリランカ各地域のタクシー会社を仲介してくれるサービスだ(と思う)。類似のサービスとして、Get Transfer.comBroom Broom Taxiがあるけれど、Taxi Sri Lankaが圧倒的に安かった。なにより価格表が掲載されているのがいい。日中なら、問い合わせのメールを送って、1時間くらいで見積もりが提示されるので、レスポンスも悪くないと思う。配車される車は決して新しくは無いけど、型落ちのカローラ程度だから、特に不満はない。ドライバーも、毎日いろんな人がやってきて、面白い。チップは、毎回300から500ルピーくらい渡した。文句があるとすれば、支払いが現金・ルピー払いなことくらい。

市内移動

市内移動は、トゥクトゥクが圧倒的に楽しい。なにより土地の風を感じることができるし、オイルくさい車内や、坂道で悲鳴をあげるエンジン、カーブでたわむボディ、妙にけばけばしい内装が、いちいち愛おしいんだけど、ドライバーとの価格交渉だけは面倒だし、ぼったくられてるような感じが常に拭えない。そんなときにPick Meという配車サービスが役に立つ。操作感はUberと同じで、クレジットカードで支払いができ、トゥクトゥクにも乗れる。コロンボほか、大きめの街で使える。注意すべきは、雨天時・ラッシュ時のつかまえにくさと、稀にシステムが不安定なこと、くらい。コロンボ市内から空港にもいける(高速代は別途払う必要がある)。 あとUberも使えそう。

f:id:exyk:20181012201611j:plain 

SIM

パンダラナイケ空港の制限ゾーンを出ると、通信会社がSIMを売っている。自分はAirtelの通信7ギガ・通話30分・700ルピーのSIMを買った。山間部での移動中は電波がとれなかったけど、それ以外は普通に使えたので、不満はない。

アーユルヴェーダ

本格的なアーユルヴェーダをうける時間はなかったが、コロンボスパ・セイロンで、額にオイルをだらだら垂らす「シロダーラ」というトリートメントを受けた。シロダーラは午前中にやるべきものらしく、午後12時以降の施術は受け付けないとのこと。要予約。